HOME>オススメ情報>専門家に頼めば損が多い競売はしっかりと避けられる

競売を選んではいけない

住宅模型とお金

住宅ローンのシステムは、金融会社に有利にできているため、住まいの所有者に不利なことはいくつかあります。その一つとして、住宅ローンが残っていると、自由に住まいを売却できないというものがあります。この特性のせいで、住宅ローンを滞納してしまって、もうすぐ競売にかけられるかもしれない状況の方もいるでしょう。しかし、住宅ローンを滞納している方にとって、競売は必ず避けなければいけないシステムです。売却すること決めているのなら、競売は選ばずに、任意売却を選ぶようにしましょう。任意売却を利用すれば、叩き売られる競売よりも、適切な価格で住まいを売却できる可能性が高いです。

費用の支払いは後回し

一軒家

任意売却を順調に進めるには、専門家に依頼をして、手続きを代わりに行ってもらうのが一番です。もし、『住宅ローンでにっちもさっちもいかないのに、費用がかかる任意売却なんて頼めるわけがない』というのなら、最初に費用を支払わずに済むところに仕事を依頼しましょう。売却時の金額の中から手数料を引いてくれるところがあるため、費用を支払わずに専門家の依頼が可能です。相談まで無料でおこなってくれるところがあるので、任意売却が気になるなら、とりあえずでも話を聞くことから始めましょう。

評判を調べることも大切

住宅模型とお金

任意売却を頼みたいのなら、満足できる取り引きを行うために、本当に専門家なのか確認することから始めましょう。中には実績もなく自分たちの利益しか考えていないところもあるので、専門家を選定するときは気をつけなければいけません。住まいを売るとなると、かなりのお金が動くことになるため、事前に評判を確かめるのはとても重要になります。ただし、悠長に構えていると住宅ローンを滞納しているせいで、競売になる可能性があるので、できる限りスピーディーに探すことも必要です。

広告募集中